いざという時、自分や家族の生命を守るためは、
何が必要でしょうか。
災害に見舞われた時は、ほんの少しの知識が、
生死を分けることがあります。
自分や家族、周りの人を助けられるように、
少しでも多くの知識を身につけたいものです。

1.大規模な災害が発生してライフラインが止まった場合、
公的な支援が行き渡るまでにどのようなものを準備しておけばならないのでしょうか。

●1次持ち出し・・・取り敢えずその場から逃げ、安全を確保するまでに使う災害グッズ(枕元・玄関など持ち出しやすい場所に置いておく)

〈お水〉1人2〜3ℓ(一日分の目安)
〈1日分の食料〉手間をかけず簡単にたべれるもの 乾パンや菓子、ゼリーなど
〈懐中電灯〉停電時や外へ避難した際に必要 念の為に予備の電池も用意しておく
〈携帯ラジオ〉正しい情報を把握するために必要
〈救急用品〉常備薬、包帯、ガーゼ、絆創膏、はさみ、ピンセット、消毒薬等 持病の持病薬(薬品名のメモもあると良い)
〈ライター、ローソク〉使い勝手のよいライターを用意しておくと、緊急に日が必要な際に便利
〈軍手〉瓦礫や割れた窓などの撤去の際に役立つ
〈筆記用具〉布粘着テープと油性マジックがあるとメモ・メッセージに使える 布粘着テープは緊急の止血にも役立つ
〈ボリ袋〉防寒やカッパ代わりになり、簡易トイレとしても利用できる 子供のおむつ等汚物入れとしても必要
〈ウエットティッシュ〉必須アイテム
〈携帯トイレ〉必須アイテム
〈タオル〉いろいろと使えるので必須
〈トイレットペーパー〉いろいろな使い道があるので必須
〈衛生用品〉旅行用洗面用具が便利 女性は生理用品は必須 子供用、大人用オムツも対象者は必須
〈お金〉小銭があると公衆電話で活躍する
〈身分証明〉いぜという時に役に立つ
〈レジャーシート、毛布、ロープ〉あると役立つので用意しておくと良い

●2次持ち出し・・・避難してから安全を確認し、救援物資などが届くまで自宅や避難場所での生活を確保する為に必要な防災グッズ(押入れ・ガレージなど潰れにくい頑丈な場所に置いておく)

〈お水〉1人2〜3ℓ×7日間分
〈非常食〉1週間分の食料 保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品
(レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など) 保存可能期間2年~5年のものが理想的
〈貴重品〉現金・通帳・クレジットカードなど
〈服〉重ね着の出来る衣類、防寒具、下着類、靴下、軍手、雨具、カイロ
〈調理器具〉カセットコンロ ガスボンベの予備を多めに
〈食器類〉使い捨て用のお皿やコップ
〈布団や毛布〉災害用の毛布など 寝袋が役立つ
〈その他〉食品用ラップは洗い物が出来ない時に役立つ

*耳栓、安眠マスク、携帯枕、菓子類があると避難所生活が長くなる際に、少しでも快適に過ごせる
*笛は緊急を知らせる際に役立つ
*コンパスは方向確認に役立つ

●赤ちゃん・子供用防災グッズリスト

  • 防災頭巾・ヘルメット・帽子
  • 抱っこ紐
  • おむつやパンツ
  • おしりふき(体拭きにも使用できます)
  • ミルク
  • 紙コップとストロー
  • 哺乳瓶
  • 毛布やタオル(または防災用のアルミ)
  • 子供用マスクや軍手
  • 衣料品
  • レインコート

防災グッズを、1次持ち出し・2次持ち出しに分けて保管することで、災害時に防災グッズを失うリスクが分散されます。
最低限のグッズで、最大限の安全を確保することが大切です。
万が一の時に家族をしっかり守れるよう、
防災グッズをきちんと備えておきましょう!

 

2.災害時にはケガをしたり、長時間無理な体制を強いられることやストレスから引き起こされる疾患など、災害時におこりやすいケガや病気があります。
正しい知識や対処法を知っておくことで、大事に至らず、自分や家族、周りの人々の命を守ることが出来ます。

●災害時に多いケガ

〈切り傷〉
小さな切り傷であれば洗浄や消毒で様子を見ます 大きな切り傷は受診をし治療が必要となります。
〈打ち身〉
手足の軽い打撲であれば様子を見て、必要に応じて受診をします
頭を打って頭蓋内に出血した場合、胸を打って肺が破れた場合、お腹を打って内臓が傷ついた場合などはすぐに受診が必要です 緊急手術が必要な場合もあります
〈骨折〉
ほとんどの骨折は緊急で受診する必要はありませんが受診が必要です 神経や血管を損傷している場合、首の骨が折れている場合、骨盤が骨折している場合は緊急手術が必要となります
〈やけど〉
範囲が狭いやけどの場合は冷やして様子を見て、必要に応じて受診します 範囲が広いやけどの場合は入院での治療が必要となりますので、すぐに受診が必要です

●中枢神経疾患

〈脳梗塞・脳内出血〉
水分を十分に摂れずに脱水となれば、脳梗塞を発症する可能性があります。
ストレスにより血圧が高くなり、脳内出血を発症する可能性があります。
脳梗塞・脳内出血の治療の大部分はリハビリテーションですが、脳梗塞のタイプによっては緊急での治療が有効なことがあります。
また、意識や呼吸が悪くなった場合は入院して管理する必要があります。
〈くも膜下出血〉
ストレスにより血圧が高くなり、くも膜下出血を発症する可能性があります。
くも膜下出血では緊急での手術が必要となります。
〈けいれん〉
抗けいれん薬を内服できなくなった場合やストレスにより、けいれんが出やすくなる可能性があります。
けいれんが続けば病院でけいれんを止める注射が必要となります。

●呼吸器疾患

〈風邪・インフルエンザ・扁桃腺炎・肺炎〉
よくある病気ですが、家が壊れて防寒が十分でない場合、避難所など人が大勢いる場所で生活をする場合、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
また、その風邪をこじらせて肺炎になったりする人も増えます。
風邪であれば保温と安静のみが治療ですが、インフルエンザ、扁桃腺炎、肺炎では抗ウイルス薬、抗生物質の投与が必要となることがあります。
〈気管支喘息発作〉
喘息の薬を吸入できなくなった場合やストレス、環境の変化、風邪により気管支喘息発作になりやすくなる可能性があります。
発作が重症となると入院での治療が必要となります。

●循環器疾患

〈心不全〉
降圧薬を内服できなくなった場合やストレスにより、心不全を発症する可能性があります。
呼吸が苦しくなると入院での治療が必要となります。
〈心筋梗塞〉
抗血小板薬を内服できなくなった場合やストレスにより、心筋梗塞を発症する可能性があります。
心筋梗塞では緊急での手術が必要となります。
ストレスにより血圧が高くなり、大動脈解離を発症する可能性があります。
大動脈解離のタイプによっては緊急での手術が必要となります。
〈肺塞栓症〉
避難所での生活では足の静脈の血流が悪い体勢で長時間過ごすことで足の静脈に血栓ができやすくなり、その血栓が肺に詰まり、肺塞栓症を引き起こす可能性があります。
肺塞栓症では入院治療が必要となります。

●消化器疾患

〈胃腸炎〉
水が不足して手洗いが不十分な環境であると、胃腸炎を発症する可能性があります。
軽症では水分をこまめに摂取していればよいですが、水分を摂れない場合や脱水が高度である場合は入院での治療が必要となります。
〈胃・十二指腸潰瘍〉
胃酸を抑える薬を内服できなくなった場合やストレスにより、胃・十二指腸潰瘍を発症する可能性があります。
血を吐いたり、血便がある場合は緊急で手術が必要となります。
〈虫垂炎〉
よくある病気ですが、虫垂炎では緊急で手術が必要となることが多いです。
〈痔〉
温水洗浄便座や柔らかいトイレットペーパーを使用できないことにより、痔を発症する可能性があります。
緊急での治療は必要ないですが地味に苦しい思いをすることになります。

●内分泌代謝疾患

〈高血糖〉
糖尿病薬やインスリンを使用できないことやストレスにより、血糖値がさらに高くなる可能性があります。
血糖値が高いだけでは緊急の治療は必要ないですが、体がしんどくなったりするような症状がある場合は入院での治療が必要となります。
〈低血糖〉
糖尿病を持つ人にはよくある症状ですが、意識が悪くなった場合、点滴の治療が必要となります。

●泌尿器疾患

〈尿閉(尿が出にくくなる病気)〉
前立腺肥大の薬を内服できなくなった場合やストレスにより、尿が出にくくなる可能性があります。
尿閉となれば病院で処置が必要となります。
〈膀胱炎・腎盂腎炎〉
水分を十分に摂れなかったり、トイレに行くことができなかったり、シャワーを浴びることができなかったりする場合、膀胱炎を発症する可能性があります。
また、膀胱炎をこじらせて、腎盂腎炎を発症する可能性があります。
軽症の膀胱炎の治療は水分を摂ることですが、軽症以外では抗生物質の投与が必要となります。また、腎盂腎炎では入院治療が必要となります。

●その他

〈熱中症〉
暑さをしのげない環境、水分を十分に摂れない環境では熱中症を発症する可能性があります。
軽症であれば冷却と水分摂取でよいですが、重症の場合、入院治療が必要となります。
〈偶発性低体温症〉
暖をとれない環境では偶発性低体温症を発症する可能性があります。
軽症であれば保温すればよいですが、重症の場合、入院治療が必要となります。

 

《クラッシュ・シンドローム》

大きな震災時に長時間ガレキの下敷きになってしまった人が無事救出され、ひどい外傷もなく意識もあるため打撲などの軽傷と思われていた矢先に容態が急変し、様々な症状を訴え死に至ることがあります。
この症候をクラッシュ・シンドローム(挫滅症候群)(ざめつしょうこうぐん)といいます。

体の一部(特に腕や脚)が倒壊した建物などに挟まれ数時間圧迫され続けると、その部分の筋肉が壊死(えし)します。
壊死したことにより、本来筋肉細胞の中にあるはずのカリウム・ミオグロビンなどの有害物質が血液中に大量に漏出してしまいます。
そこで挟まれている物を外してしまうことにより、有害物質を含んだ血液が全身に流れ出します。

発症すると、意識の混濁(こんだく)・チアノーゼ・失禁などの症状が出てきます。
重度になると、血中に漏出(ろうしゅつ)した有害物質により高カリウム結晶や高カリウム血症を引き起こします。

また、ミオグロビンは腎臓の一部に障害を与えるため、急性腎不全の原因となります。
腎不全により尿が出なくなると、さらにカリウムの濃度が増えてしまい、ますます高カリウム血症が進行してしまいます。高カリウム血症は心室細動(しんしつさいどう)や心停止になる確率が高く、その結果死に至ることもあり得るのです。

急に倒壊物など体を圧迫しているものを取り除くと、血中の有害物質が全身へと流れ出してしまいますので、まず圧迫部位より心臓に近いところをタオルなど幅の広いものでしっかり縛ります。
この時、動脈を止めてしまうほどきつく縛らないよう注意します。
この処置をしてから、体を圧迫しているものをゆっくり取り除きます。

上記のように応急処置をしたら、すぐに病院で医師に診てもらいましょう。
この時、どのくらいの時間が圧迫されていたかが治療の指針となるので、服や体などに書いておくと良いでしょう。
治療は血液浄化療法をはじめ、水分補給や点滴による血中の有害物質の希釈も有効です。
また心臓付近をゴムバンドで止めることにより、有害物質が心臓にまわるのを防ぐことが出来ます。

1995年の阪神・淡路大震災では約400人がクラッシュ・シンドロームを発症し、うち約50人の方が亡くなりました。
以降、この名前が広く知られるようになりました。
また、2005年に起きたJR福知山線脱線事故でも多くの人がクラッシュ・シンドロームを発症しました。

《エコノミー症候群》

飛行機など、長時間同じ姿勢で座ったりしているときに注意したいのが、旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)です。

これは下肢が圧迫されてうっ血状態となり、血栓が生じることにより発症します。
この血栓が肺に詰まってしまうことを「肺塞栓症」と言います。
この2つを合わせて、旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)と言います。

熊本地震の避難中においても、このエコノミー症候群を発症した例があります。
熊本市の病院で、50代と60代の女性3人が肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)と診断され、意識不明の重体で入院していることがわかり、いずれも車中泊が原因とされました。
うち2人は心肺停止の状態で搬送されました。
ほかにも30代後半~70代後半の男女7人が同症候群と診断されて入院しており、やはり車中泊が原因でした。

災害時には、ケガだけでなく様々な病気を発症する恐れがあります。
災害時に起こりうるケガや病気を予め知っておくこと、症状を発症した際の対処方を知っておくことで、大事に至るのを防ぐことが出来ます。
自分や家族のいのちを守るために、正しい知識を身につけておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-11-1

    絢爛豪華な曳山が唐津のまちを練り歩く『唐津くんち』

    美しい曳山と法被姿の曳子の姿は、まさに絵巻物!『唐津くんち』 『唐津くんち(からつくんち)』は…
  2. 2017-10-23

    鰐淵寺

    『鰐淵寺(がくえんじ)』は、島根県出雲市にある天台宗の寺院です。 武蔵坊弁慶(むさしぼう べんけい…
  3. 2017-10-1

    そびえ立つ奇岩と四季が織り成す渓谷美!『立久恵峡』

    「山陰の耶馬渓」とも呼ばれ、名勝天然記念物・県立自然公園に指定される仙境『立久恵峡』 …
  4. 2017-9-1

    神在月 出雲大社

    八百万の神々が集うはじまりの儀式 出雲大社『神迎神事・神迎際』 旧暦10月(新暦(今の…

山陰おすすめスポット

  1. 日本一の高さを誇る歴史ある灯台『出雲日御碕灯台』

  2. 2つの神が鎮座する霊験あらたかな神社『日御碕神社』

  3. 国宝『松江城』

  4. 修行道場として栄えた歴史ある古刹 隆盛の姿そのままに『大山寺』

  5. 神々にも愛されてきた天然化粧水 神の湯 玉造温泉

  6. 新そばの季節だよ!出雲のそばを食べに来てごしない!

  7. 歴史が物語る 霊験あらたかな神社『須佐神社』

ページ上部へ戻る