『長岡まつり大花火大会』復興祈願花火フェニックスが夜空に打ち上がる!

長岡花火

まつりで伝える恒久平和への願い
『長岡まつり大花火大会』

『長岡まつり(ながおかまつり)』は、新潟県長岡市で開催されるお祭りで、日本三大花火大会の一つです。
起源は1945年8月1日の長岡空襲からの復興を願い、翌1946年8月1日に行われた「戦災復興祭」がはじまりです。花火大会は1879年9月14日と15日の2日間、千手町八幡様の祭りに長原などの遊廓関係者がお金を出し合って花火350発を打ち上げたのが始まりとされています。

日時 2018年 8月 2日(水)~ 3日(木)
場所 新潟県長岡市岡村町ほか 信濃川河川敷 長生橋下流
打上玉数  2日間 約20,000発
アクセス JR信越本線「長岡駅」より徒歩で20分
関越自動車道「長岡IC」より車で20分
詳しい情報  コチラ

『長岡まつり』前夜祭である8月1日には、70年前の長岡空襲の始まった時刻である午後10時30分にあわせて、慰霊の花火を打ち上げます。
空襲でなくなられた方々への慰霊、復興に尽力した先人への感謝、恒久平和への願いを込めて、白一色の尺玉3発を打ち上げるとともに、市内寺院の協力を得て同時刻に慰霊の鐘を鳴らします。

2日・3日の『長岡まつり大花火大会』では、正三尺玉3連発や、全長約2kmにもおよぶ復興祈願花火「フェニックス」が両日5分フルバージョンで打ち上げられます。昨年、新たに打ち上げ、大好評だったミュージック付きスターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」の引打ち上げもあり、今年も見どころ満載です。

長岡まつり大花火大会の最新人気画像をシェアしています!

関連記事

  1. 綱曳きファンを魅了する、沖縄三大綱曳きの一つ『与那原大綱曳まつり』

  2. 「ヤットサー、ヤットヤット!」高円寺が阿波おどり一色に染まる『高円寺阿波おどり』

  3. 東京湾、夏の風物詩『東京湾大華火祭』

  4. 阪神淡路大震災〜後世に伝える想い〜 神戸ルミナリエ

  5. 壮大な規模で行われる共演幻想花火!『港まつり能代の花火』

  6. 関西随一の人気!なにわの夏の風物詩『なにわ淀川花火大会』