江戸時代から続く日本最古の花火大会『隅田川花火大会』

20

© (公財)東京観光財団

「かぎや〜」「たまや〜」江戸の夏を感じる『隅田川花火大会』
夏の代表的な風物詩である『隅田川花火大会』は、江戸中期に始まった「両国川開き花火大会」を継承する花火大会です。
これは、大飢饉とコレラの死者を弔うため両国の川開きに花火を催したのが始まりとされており、伝統・格式ともに関東随一の花火大会です。

日時 2017年7月 29日(土) 19:05 ~20:30
場所 東京都台東区 / 第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流
打上玉数 第一会場:約1万350発 、第二会場:約1万1650発
アクセス 第一会場:地下鉄浅草駅から徒歩15分
第二会場:地下鉄蔵前駅から徒歩5分
詳細情報 コチラ

花火見物でおなじみの「たまやー」「かぎやー」の掛け声。
むかし、鍵屋と玉屋の2業者が腕を競い合い、異なる打ち揚げ場所から交互に花火を揚げたため、観客は双方の花火が上がったところで歓声を上げ名前を呼んだそうです。
これが掛け声の由来と言われています。
2012年からはスカイツリーと一緒に花火を楽しめ、全国からファンが訪れます。

関連記事

  1. 北海道富良野を彩るお花畑『ファーム富田』

  2. 御祭神のお出ましを祝う奉納花火『天神祭奉納花火』

  3. 一流花火師たちが光の競宴!『大曲全国花火競技大会』

  4. 「ヤットサー、ヤットヤット!」高円寺が阿波おどり一色に染まる『高円寺阿波おどり』

  5. 夏の終わりを告げるゆかた祭り『松江お湯かけ地蔵まつり』

  6. すずめ達の華やかな踊りにうっとり!仙台の伝統芸能『夏まつり仙台すずめ踊り』