東京一番乗り!『足立の花火』 荒川の土手から眺める歴史ある花火

足立の花火

写真:花火写真家 金武 武(かねたけたけし) 様より

東京人気No1!迫力も見応えもNo1の一番乗り花火!
「夏の花火は足立から・・・」のテーマのとおり、東京で最も早く開催される花火大会が『足立の花火』です。
約100年の歴史を持つ花火大会で、一時間に約1万2000発が打ち上げられる迫力のある花火を堪能できます。

日時 2017年 7月 22日(土) 19:30~20:30
場所 荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間) 打上場所は千住側
打上玉数 12,000発
アクセス 堤南側:東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩約15分 日暮里・舎人ライナー足立小台駅から徒歩約25分
堤北側:東武線小菅駅・五反野駅・梅島駅から徒歩約15分
詳しい情報 コチラ

『足立の花火』は参加型です。今年の企画は、
●”足立の花火 子どもPR大使”が花火をプロデュース!
区内の小学生10人が考えた型物花火が登場します。いったいどんな花火が打ちあがるのか、楽しみですね!
●音楽と花火の協演にプラスワン!~「光の拍手」で楽しもう♪
スマートフォン、ペンライト、懐中電灯など何でもOK!みんなで「光るもの」を振って『足立の花火』に参加し、一緒に盛り上げましょう!

そして、伝統と最新技術を駆使した花火や、『足立の花火』の代名詞ともいえる圧巻のフィナーレもお見逃しなく!

河川敷が会場のため、土手の斜面等に座って観賞できるのが特徴です。特に西新井側の河川敷は広く、千住側よりもゆったりと花火を観賞できます。
歴史ある花火大会で、新企画の花火、伝統の花火を満喫しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-11-1

    絢爛豪華な曳山が唐津のまちを練り歩く『唐津くんち』

    美しい曳山と法被姿の曳子の姿は、まさに絵巻物!『唐津くんち』 『唐津くんち(からつくんち)』は…
  2. 2017-10-23

    鰐淵寺

    『鰐淵寺(がくえんじ)』は、島根県出雲市にある天台宗の寺院です。 武蔵坊弁慶(むさしぼう べんけい…
  3. 2017-10-1

    そびえ立つ奇岩と四季が織り成す渓谷美!『立久恵峡』

    「山陰の耶馬渓」とも呼ばれ、名勝天然記念物・県立自然公園に指定される仙境『立久恵峡』 …
  4. 2017-9-1

    神在月 出雲大社

    八百万の神々が集うはじまりの儀式 出雲大社『神迎神事・神迎際』 旧暦10月(新暦(今の…

山陰おすすめスポット

  1. 神々にも愛されてきた天然化粧水 神の湯 玉造温泉

  2. 新そばの季節だよ!出雲のそばを食べに来てごしない!

  3. 修行道場として栄えた歴史ある古刹 隆盛の姿そのままに『大山寺』

  4. 国宝『松江城』

  5. 2つの神が鎮座する霊験あらたかな神社『日御碕神社』

  6. 歴史が物語る 霊験あらたかな神社『須佐神社』

  7. 日本一の高さを誇る歴史ある灯台『出雲日御碕灯台』

ページ上部へ戻る