「ヤーヤドー」の掛け声が響く 津軽夏の風物詩『弘前ねぷたまつり』

ねぷた

写真提供:弘前市シティプロモーション 様より

幻想的なねぷたが歩みを止めず進む姿は、まるで現代絵巻の美しさ!
『弘前ねぷたまつり』

日時 2017年 8月 1日(火)~ 8月 7日(月)
場所 青森県弘前市市街地
コース 8月1日~4日 : 土手町コース PM 7:00~
8月5日・6日 : 駅前コース PM 7:00~
8月7日(なぬか日) : 土手町なぬか日コース AM10:00~
岩木川河川敷(茜橋付近)でフィナーレ19:00~20:30(開場17:00~)
アクセス 電車の場合:JR弘前駅→徒歩15~20分(土手町コース) 弘前駅前コースは徒歩すぐ
車の場合:東北道大鰐弘前ICから国道7号経由30分
詳しい情報 コチラ

『弘前ねぷたまつり』は、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつで、毎年150万人を超える人で賑わう青森を代表する祭のひとつです。
青森のもう一つの大きな祭『青森ねぶた祭』の掛け声は「ラッセラー」ですが、『弘前ねぷたまつり』は「ヤーヤドー」の掛け声とともに、
武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩きます。

弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが城下町に大集合します。
小型のねぷたから、後半になるにつれ大型のねぷが披露され、それぞれのねぷたの後ろに囃子や太鼓の一団が続き、掛け声とともに弘前の夏の夜を熱く華やかに彩ります。
最大9メートル超の大型ねぷたが、観客に見得を切りながら進んでいく姿、そして何トンもある巨大なねぷたの歩みをとめることなく、
汗にまみれて押し引き回していく「男たち」の姿は圧巻です。
最終日の7日目は「なぬか日」と呼ばれ、河川敷でねぷたを燃やすフィナーレが行われ、最後の盛り上がりを見せます。

また、国の重要無形民俗文化財にも指定されており、伝統を感じる東北の夏まつりです。

関連記事

  1. 荒川に浮かぶ提灯と大花火が美しい、関東一の水祭り『寄居玉淀水天宮祭』

  2. 豪華絢爛な曳山が人々を魅了する「湖国三大祭」のひとつ『大津祭』

  3. 関西随一の人気!なにわの夏の風物詩『なにわ淀川花火大会』 

  4. 春の訪れは梅の花とともに!観梅シーズン到来!『梅祭り』

  5. 絢爛豪華な曳山が唐津のまちを練り歩く『唐津くんち』

  6. 人馬一体となり、時速40kmの速さで駆け抜ける!『高浜おまんと祭り』