江戸時代から続く日本最古の花火大会『隅田川花火大会』

20

© (公財)東京観光財団

「かぎや〜」「たまや〜」江戸の夏を感じる『隅田川花火大会』
夏の代表的な風物詩である『隅田川花火大会』は、江戸中期に始まった「両国川開き花火大会」を継承する花火大会です。
これは、大飢饉とコレラの死者を弔うため両国の川開きに花火を催したのが始まりとされており、伝統・格式ともに関東随一の花火大会です。

日時 2017年7月 29日(土) 19:05 ~20:30
場所 東京都台東区 / 第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流
打上玉数 第一会場:約1万350発 、第二会場:約1万1650発
アクセス 第一会場:地下鉄浅草駅から徒歩15分
第二会場:地下鉄蔵前駅から徒歩5分
詳細情報 コチラ

花火見物でおなじみの「たまやー」「かぎやー」の掛け声。
むかし、鍵屋と玉屋の2業者が腕を競い合い、異なる打ち揚げ場所から交互に花火を揚げたため、観客は双方の花火が上がったところで歓声を上げ名前を呼んだそうです。
これが掛け声の由来と言われています。
2012年からはスカイツリーと一緒に花火を楽しめ、全国からファンが訪れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-11-1

    絢爛豪華な曳山が唐津のまちを練り歩く『唐津くんち』

    美しい曳山と法被姿の曳子の姿は、まさに絵巻物!『唐津くんち』 『唐津くんち(からつくんち)』は…
  2. 2017-10-23

    鰐淵寺

    『鰐淵寺(がくえんじ)』は、島根県出雲市にある天台宗の寺院です。 武蔵坊弁慶(むさしぼう べんけい…
  3. 2017-10-1

    そびえ立つ奇岩と四季が織り成す渓谷美!『立久恵峡』

    「山陰の耶馬渓」とも呼ばれ、名勝天然記念物・県立自然公園に指定される仙境『立久恵峡』 …
  4. 2017-9-1

    神在月 出雲大社

    八百万の神々が集うはじまりの儀式 出雲大社『神迎神事・神迎際』 旧暦10月(新暦(今の…

山陰おすすめスポット

  1. 国宝『松江城』

  2. 2つの神が鎮座する霊験あらたかな神社『日御碕神社』

  3. 神々にも愛されてきた天然化粧水 神の湯 玉造温泉

  4. 新そばの季節だよ!出雲のそばを食べに来てごしない!

  5. 日本一の高さを誇る歴史ある灯台『出雲日御碕灯台』

  6. 修行道場として栄えた歴史ある古刹 隆盛の姿そのままに『大山寺』

  7. 歴史が物語る 霊験あらたかな神社『須佐神社』

ページ上部へ戻る