日本一の高さを誇る歴史ある灯台『出雲日御碕灯台』

1210

島根県最西端の断崖にそびえ立つ、白亜の灯台『出雲日御碕燈台』

『出雲日御碕燈台』は島根県出雲市にある灯台で、海面から灯塔の頭上までは63.30mと日本一の高さを誇ります。
設置から100年を越えた今なお現役で海の安全を守っており、その歴史や文化的な価値の高さから、
平成10年に「世界の歴史的灯台百選」の一つに、平成25年に国の登録有形文化財に選ばれました。

外壁は松江市美保関町から硬質の石材を切り出して使用した美しい石造りとなっており、内壁はレンガ造りで施され、外壁と空間をあけた特殊な二重構造となっています。
灯台の内部には163段のらせん階段があり、灯台上部の展望台へと上がることができます。

青い海に奇岩や絶壁が続き、海食によって隆起した岩盤には足元に柱状の奇岩が連なります。
海岸線には松林と遊歩道が続き、そびえ立つ断崖にぶつかる波しぶきの音を聞きながら、自然が作り出す造形美を満喫できます。
そして展望台からの360度広がる眺めは絶景で、「日本の自然百選」の一つにも選ばれています。
眼下に広がるパノラマの日本海に島根半島の全景、晴れた日には遠く南方に中国山地の連なり、はるか北方には隠岐諸島ものぞめます。

営業時間:9:00〜16:30
参観料:大人(中学生以上)200円、小人 無料   
灯台資料展示室 無料

[button color=”#FF0000″ title=”今すぐチェック!詳細はコチラ” icon=”icon-right-circled” url=”https://www.izumo-kankou.gr.jp/677″ newwindow=1 rel=”nofollow”]

関連記事

  1. 鰐淵寺

  2. 東京都最古の寺『浅草寺』

  3. 江戸東京を護り続けて約1300年『神田明神』

  4. 夏の終わりを告げるゆかた祭り『松江お湯かけ地蔵まつり』

  5. 柴又のシンボル!寅さんゆかりの寺『柴又帝釈天』

  6. 第28回 河津桜まつり