美しい花火と熱いライブで盛り上がる!『神宮外苑花火大会』

神宮外苑花火大会

写真:夢のかたまり 様より  今はなき旧国立競技場からの最後の花火

夏の神宮外苑が、光と唄声に包まれる!『神宮外苑花火大会』

日時 2018年 8月 11日(土) 19:30~20:30
場所 東京・明治神宮外苑
打上玉数 12,000発
アクセス
JR:千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅
東京メトロ:外苑前駅、青山一丁目駅
都営大江戸線:国立競技場駅
詳しい情報 コチラ

『神宮外苑花火大会』は、「隅田川花火大会」「東京湾大華火祭」とともに東京三大花火大会と呼ばれ、花火とライブで盛り上がる大変人気のある花火大会です。

1980年(昭和55年)8月1日に明治神宮鎮座60年記念として神宮球場で開催されたのが始まりです。以後恒例となり、神宮球場をはじめ、国立霞ヶ丘競技場、秩父宮ラグビー場、軟式球場の4会場で開催され、毎年多くの人々が訪れます。

花火の打上げ数は約1万発を予定しており、圧巻の美しさで人々を楽しませてくれます。各会場ではゲストによるライブやイベントも開催され、会場は熱気に包まれます。

間近で打ち上がる迫力ある花火、豪華アーティストによるステージ、日本古来の伝統芸能など、見所満載の花火大会です。

関連記事

  1. 華麗な踊りと一万太鼓が演出する エネルギッシュな盛岡の夜!『盛岡さんさ踊り』

  2. 東北屈指のスケール!最上川が大輪の花火に染まる『酒田花火ショー』 

  3. 第28回 赤川花火大会「結夢 ~笑顔あやなす悠久の華~」

  4. 伝統神事「ホーランエー」と花火のコラボ『益田水郷祭』

  5. 江戸東京を護り続けて約1300年『神田明神』

  6. 春の宴は神様とともに万九千神社春祭り「大なほらひ」