神戸港の夜景と花火のコラボレーション!『みなとこうべ海上花火大会』

みなとこうべ海上花火大会

写真:神戸観光壁紙写真集より

真夏の神戸港に大輪の花火が踊り咲く!

日時 2017年 8月 5日(土) 19:30~20:30
場所 神戸港 新港突堤~メリケンパーク南側海上
打上玉数 約15,000発
アクセス 交通 JR三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電鉄神戸三宮駅から徒歩20分
詳しい情報 コチラ

『みなとこうべ海上花火大会』は、みなとこうべの夏の風物詩として知られ、神戸を象徴し地元の方々から愛される花火大会です。
歴史のある花火大会で、昭和46年にポートアイランドのコンテナバースで打ち上げられたのが記念すべき第1回目です。
そして今年は、神戸開港150年を記念して、花火打ち上げ数を1万5000発に規模を拡大して開催されます。

神戸港・メリケンパーク沖で打ち上げられる花火は広範囲で鑑賞でき、毎年20万人前後の人出で賑わいます。
また、会場のすぐ近くで打ち上げるられるため、迫力満点の花火を楽しむことができます。

『みなとこうべ花火大会』は、神戸港の美しく華やかな夜景と、夏の夜空を色鮮やかに照らす花火を同時に楽しめる、貴重な一夜です。

関連記事

  1. 江戸の名残を今に残す、伝統ある花火大会『岡崎城下家康公夏まつり第69回花火大会』

  2. 手造りの船で、故人を極楽浄土へ送り出す『精霊流し』

  3. 仙台七夕まつり

    『仙台七夕まつり』3000本の吹き流し!200万人以上が訪れる東北三大まつり!

  4. 御祭神のお出ましを祝う奉納花火『天神祭奉納花火』

  5. 荒川に浮かぶ提灯と大花火が美しい、関東一の水祭り『寄居玉淀水天宮祭』

  6. 「ヤットサー、ヤットヤット!」高円寺が阿波おどり一色に染まる『高円寺阿波おどり』