手造りの船で、故人を極楽浄土へ送り出す『精霊流し』

NPS226

NPS833

© (一社)長崎県観光連盟

花火・爆竹の喧騒の中
賑やかに故人の霊を弔う『精霊流し』
 

『精霊流し』は、長崎市中心部で毎年8月15日に行われる、長崎の伝統行事です。
初盆を迎えた故人を西方浄土に送り出すために船を造り、銅鑼(どら)の音を先頭に家族らが手作りの精霊船を曳いて街中を練り歩きます。

8月になると細部の飾り付けにまでこだわった、大小様々な船が路上に多く見られるようになります。
各家で手造りされる船は主に竹・板・ワラを使用して造られ、故人の位牌や遺影・提灯(ちょうちん)などで華やかに飾られます。
長く突き出した船首(みよし)には家紋や家名、町名が大きく記されます。

当日は夕暮れ時になると町のあちらこちらから「チャンコンチャンコン」という鐘の音と、「ドーイドーイ」の掛け声が聞こえてきます。

そしてここからは長崎『精霊流し』独特の光景が広がります。
耳をつんざくほどの爆竹や花火の音が鳴り響く中を、精霊船が進んでいきます。
故人を想い手造りの船で賑やかに送り出すことで、送る側は弔いをし、送られる側は心安らかに旅立っていかれます。

お祭りのように賑やかで豪華な『精霊流し』は、伝統ある長崎夏の風物詩です。

開催日時:8月15日 

BANASHI

関連記事

  1. 東北屈指のスケール!最上川が大輪の花火に染まる『酒田花火ショー』 

  2. 神戸港の夜景と花火のコラボレーション!『みなとこうべ海上花火大会』

  3. 海峡を挟む下関と門司、豪華花火の競演『関門海峡花火大会』

  4. 美しい花火と熱いライブで盛り上がる!『神宮外苑花火大会』

  5. 夜空と湖面に美しい絵画が浮かぶ『彦根大花火大会』

  6. 『長岡まつり大花火大会』復興祈願花火フェニックスが夜空に打ち上がる!