綱曳きファンを魅了する、沖縄三大綱曳きの一つ『与那原大綱曳まつり』

与那原大綱曳まつり

写真: 沖縄で今日もおいしいもの食べました 様より

400年余の歴史を誇り、与那原を象徴する伝統行事
『与那原大綱曳まつり』

日時 2017年 8月19日(土) ~ 8月20日(日)  予定
場所 与那原町御殿山青少年広場
駐車場 200台駐車可能
詳しい情報 コチラ

『与那原大綱曳まつり』は”豊作祈願”の神事として始まった、与那原を代表するお祭りです。
東西に分かれた雄雌の2本の大綱の結合によって実りを予祝し、勝敗によって豊凶を占う伝統行事です。

「中央通り」から「御殿山青少年広場」まで、大綱を担いで移動する行程を「道ジュネー」といい、琉球史劇の人物に扮した『支度(したく)』や、『旗頭』『前舞い(めーもーい)』『金鼓隊』が、大綱曳きを華やかに盛り上げます。
約90メートルの大綱が『支度』を乗せ街を練り歩く様子は、まるで『神竜』が行進しているかのように勇壮で活気に溢れ、見る者を惹きつけます。

祭りに参加すると無病息災・子孫繁栄の御利益があるといわれ、毎年何万人もの人々が参加し賑わいます。
また観光客も担ぎ手として参加でき、参加者にはTシャツのプレゼントがあるため、大変人気です。
近年の『与那原大綱曳まつり』は観光イベントとしての人気も高く、ライブや沖縄角力など各種イベントも盛りだくさんとなっています。

関連記事

  1. 仙台七夕まつり

    『仙台七夕まつり』3000本の吹き流し!200万人以上が訪れる東北三大まつり!

  2. 神戸港の夜景と花火のコラボレーション!『みなとこうべ海上花火大会』

  3. ここでしか見られない!花火と噴水の美しい競演!『びわ湖大花火大会』

  4. 伝統神事「ホーランエー」と花火のコラボ『益田水郷祭』

  5. 雅‐miyabi‐ ~未来へ繋ぐ架け橋~『山形大花火大会』

  6. 春の宴は神様とともに万九千神社春祭り「大なほらひ」