830年の歴史を誇る福岡市民の祭『博多どんたく港まつり』

『博多どんたく港まつり(はかたどんたくみなとまつり)』は福岡県福岡市で毎年5月3日・4日に開催されるお祭りです。
動員数は200万人を越え、「高田城百万人観桜会」、「弘前さくらまつり」、「ひろしまフラワーフェスティバル」と並び、動員数で国内最大級を誇ります。
またゴールデンウィークの代表的な催物の一つとして知られており、毎年多くの人で賑わいます。

博多どんたく02

「博多どんたく」の歴史は古く、治承3年(1179年)に始まったと筑前国続風土記(貝原益軒著)に記されています。
室町時代に始まった領主への年賀行事「博多松囃子(はかたまつばやし)」が起源といわれ、およそ830年余続く伝統行事です。
戦時中一時中断されましたが、戦後の昭和21年5月「松囃子」と「どんたく」が8年ぶりに復活します。
肩衣を紙で作り、馬はハリボテを首から胸に下げ、三味線、太鼓などは戦災を免れたところから借り集めて、『博多どんたく』のおはやしを瓦礫の町に響かせながら練り歩いたことが、復興へ大きな勇気を与えました。
翌年22年には福岡商工会議所が中心となって、戦後初めての「どんたく」を開催し、その後、年に一度の無礼講の行事として年々盛んになっていきました。
昭和37年には、福岡市民の祭りとして位置づけられ、『博多どんたく港まつり』がスタートしました。

博多どんたく01毎年5月3・4日の2日間、老若男女が思い思いの仮装でシャモジを叩いて町を練り歩き、町に作られた舞台や広場で踊りを披露し、町中がどんたく一色で湧き返ります。

関連記事

  1. 華やかな山車織りなす時代絵巻!伝統を誇る八戸最大の祭『八戸三社大祭』

  2. 250種類1万本の桜が次々と咲き誇る!『松前さくらまつり』

  3. 雛人形に想いを込めて 健やかな成長を願い祝う『ひな祭り』

  4. 【1月】島根県の神社祭事一覧

  5. 華麗な踊りと一万太鼓が演出する エネルギッシュな盛岡の夜!『盛岡さんさ踊り』

  6. 江戸時代より続く伝統ある祭礼!豪華絢爛『長崎くんち』