出雲大社涼殿祭で神の草『真菰(まこも)』のご利益を!参拝者が夏の無病息災を願う

060172izumotaisya

写真:出雲の花々さまより

真菰(まこも)は病気や害虫を防ぐと信じられ、参拝者が持ち帰ります。

年に1度の「出雲大社涼殿祭」は毎年6月1日にとりおこなわれる信じです。別名「真菰(まこも)神事」。
大国主大神が、夏服に衣替えして「出雲の森」で暑い夏をさけておられたという故事に因だ神事です。
出雲大社東方の出雲森から銅鳥居東の御手洗井まで立砂が盛られ、この上に置かれた真菰の上を国造が大御幣と共に参進祈念する神事です。国造(神様)が踏まれた真菰をいただくと病気にかからないとの信仰があり、氏子は競ってもらい受け、神棚に祀ります。

BANASHI

関連記事

  1. もっと素敵な自分に出逢える!『花遊際』

  2. 神話の地を照らす『出雲神話まつり』 神さまも見上げた花火大会

  3. ご縁街ing in 出雲(街コン事業)のご案内

  4. NPO法人祭プラスの取り組み

  5. 地域応援会員募集(寄付会員)お問い合わせ

  6. 特定商取引法に関する表記